CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
かいねさま。
110928_2058~010001.jpg
今更ですが、めんま画像を!

これどちからの素人さんが描かれてたのを拝借したもの。

デフォされてるのんが一番チョコにしやすいのよね!(≧∇≦)
| ケイタイ | 00:04 | comments(0) | - |
運動会!
111002_0811~01.jpg
今日は運動会!
初の運動会弁当でドラえもん巻き寿司(≧∇≦)

しかし、運動会、人大杉。

編み物持ってくればよかった…。

ヒマじゃ…。

| ケイタイ | 09:36 | comments(2) | - |
no title
110928_2058~030001.jpg
今日は大好きな旦那ちゃんのお誕生日!

お誕生日ケーキ作ったぜ(≧∇≦)


痛チョコだぜ!
超時間かかったぜ!

この一年が旦那ちゃんにとって素晴らしい一年になりますように!(≧∇≦)
| ケイタイ | 22:31 | comments(3) | - |
うぐいす☆

とにかく引越してからって、いろんな人種に会うようになった。
まあ地元でもけっこう特殊(アタシから見たら)なお仕事を
かつてしてたというママ友さんにばかり会って楽しかったけど
こちらではそれがさらに色濃くなった。

続きを読む >>
| パラ | 15:44 | comments(0) | - |
英語。
やあやあ、ひさしぶり!
ブログ書いてない間にいろいろあって、なんだか流れで息子‖子△英会話はじめる事になったよ。
で、アタシも習ってしまうよ。

事の発端は息子△陵達のママさん。
その子ん家に1年間「T」という海外のお友達がホームステイに来るとの事で
その間に英語習ってみない?というのだ。

たぶん少し前なら躊躇したりしてたかもだが、かいねがカナダに旅立ってから
周りを見渡すと意外と英語が話せるとか英語を話そうと思えば受け入れてもら
える環境が若干だがある事に気づいた。

アタシが全く話せないので少し英語を習ったところで忘れてしまうだろうし
とても無意味だなあと思ってたのだが、少しでも「話せる機会」があるなら
無駄にはならないかも知れない。

というワケで9月から「T」の元で英語です。

息子△倭亜垢ら英語に興味があったので嬉しそう。
思えば物欲も何かやりたい!という事も少ない息子△覆里如△初で自分の
欲求にそった事するのかも。

どのくらい続けられるか不明だけど、一年やってみて続けられそうなら
「T」が帰った後も英会話教室通わせてやろうと思います。



| フウライ | 18:11 | comments(0) | - |
行ってらっしゃい。
かいねがカナダへ昨日行きました。
ワーホリで行って、そのまま永住権取得して
そのままカナダにいるかも知れない・・・な感じです。
とりあえずの一時帰国はまた年末らしいです。
もう日本で気軽に会えないかもね・・・です。

残念ながら見送りは行きませんでした。

ご家族が見送りに来ると言ってたので、せっかくの水入らず邪魔しちゃ悪いかなと
遠慮したんだけど、フタ開けてみると彼女を愛するたくさんの友人たちがたくさん
来てたみたいww

いつもアタシはここぞというトコでタイミングをはずすんだよなw

出発前に電話して「行ってらっしゃい」といいました。



続きを読む >>
| パラ | 10:18 | comments(2) | - |
水泳教室!
110509_1640~01.jpg
何週間遅れの水泳教室!
うまく泳いでくれるのかしら。
| ケイタイ | 16:42 | comments(0) | - |
公園で。
110503_1129~01.jpg
息子◆▲灰泙覆稽習中!
| ケイタイ | 11:31 | comments(2) | - |
乳児湿疹またはじくじく。

ここんとこ、ツイッターやmixiに場所をうつしたタメ、
こちらのブログは滅多にアップしてません。

が、アクセスログを久しぶりに見てみたら
「乳児湿疹」や「アトピー」や「じくじく」
といった検索ワードでここにたどり着いてる方が
多数いらっしゃるんですね。
特にこの時期になると毎年一気にその検索ワードで
ここへの訪問が多い気がします。

あらためて「乳児湿疹」の項目を見てみると・・・・

続きを読む >>
| パラ | 21:34 | comments(0) | - |
短期スイミング教室。
この春休み、前から検討していた「短期水泳教室」を申し込みました。

アタシの小さい頃、周りで「水泳教室」なんて通ってるのは
「ええトコの子!」
という印象だったので、
今では全く珍しくない水泳教室に「セレブちっくーー!!」と
ちょっとテンションあがる、アタシっす。

で、この月曜日から水泳教室だったんだけど、
なんとライが先週末から水疱瘡に。
しかもナベキチの会社の慰安旅行に参加中だったので、
めちゃくちゃ迷惑かけてしまって、本当に申し訳なかったです・・・。

というワケでいきなりライさん短期なのにお休みっちゅーね(´Д⊂)

なんとか今週金曜日から残り3日間は参加出来そうですけど。

んなワケで、今日は水泳教室の送迎バスに一人乗り込み、
フウは嬉しそうに教室へ行きました。
(昨日は教室一日目だったのでライと外で待つ事にして、
水泳教室に付き添いましたが、
送迎バスもありスタッフもたくさんいるので
一人で通ってもかまわないとの事で、
水疱瘡が治っての外出許可が出るまで一人で行かせる事にした。)

ライさんは大丈夫かなあ?と心配だけど、
フウは本当に興味がある事には全力で楽しむので、
アタシとしてはすごい嬉しい。
ヤツにはヤツが興味持った事全てやらせてやりたい。

とにかく、親が言ってやるのもなんだけど。

決して器用な方ではない。つか、ドンくさい。
頭もよろしい方ではない。
音楽教室に通ってるものの、音感も悪い方だ。

まあそれはアタシの息子である以上当たり前なんだけど。
(申し訳ございません、息子たち。このような遺伝子で。)

それが唯一、親が持っていないものをヤツは所持して産まれてきたようだ。
それは努力。
これはいつも本当にすごいなあ、と思う。

自分の意思で、はじめたんでは「ない」ピアノ。
(完全に親の希望。)
引越し先での同じクラスは皆一学年上でさすがに一年違うと
(小学生と幼稚園生の違いもあるし。)
理解がなかなかついていけなくて
(しかも同い年よりもおバカさんだから、その差はさらにあるw)
しかも出来ないと先生がイヤな叱り方をする人で
(よくいるやん?出来ない事をどんどん追い込んでく人)
そりゃあ、なんども教室で泣いたもんだ。

親としても「なんて先生だ!!」と教室やめる方向で考えてたんだけど、
結局先生はこの先も自分で選べないから
「イヤだからって逃げても仕方ない。」とナベキチと話し合い、
今までやめずに来たんだけど。
それも元はあまりに辛そうなので
フウに「辞める?」と聞いたら
「辞めない。練習したら出来るかも」
とか言ったって事もある。

もちろん「練習する」って言っても、
グダグダになる日が続いたけど、
ある日自分で
「ピアノいっぱいやったらちょっとゲームするってどう?」
とスケジュール(というほどでもないけど)を宣言し始めたので、
「じゃあ、ピアノ一時間やってゲーム30分やったら?」
って今の練習時間が決まった。

それが決まってからは、
平日はこっちから言わなくても自分から一時間のピアノ練習を頑張ってる。
(何故か土はレッスンがある、
日はパパと遊びたいので土日は練習お休みって決まってしまってるらしいw)

一度だけだけど、一時間どころか6時間以上もピアノに向かってた事もあった。
これはビックリしたわ。
(まああの集中力を毎日やってくれたら、
すんげいピアノ弾けるんだろうなあ。もうやんないけどw)

おかげで教室のみんなについて行けるようになって、
(あいかわらず先生はイヤな怒り方をするが、そのおかげで練習に励むように
なったわけだから、何が幸いするかわかんないw)
「これ弾いてみたい」「あの曲が好き」とか自分なりに楽しめるようになった。
オリジナルで曲を作ってみたり(もちろんバカなので相当のでたらめ。)
「これマリオの曲!」とか微妙な音拾いもしたりしてる。

また、去年遊びに行った屋内遊園の1つにローラースケートがあり「やりたい!」と言い出したものの、全く滑れず、3時間のほとんどを酷く転び続け汗だくで泣きながらやり、結局滑れるようになってしまった(もちろん全然格好よくは滑れてないけどw)

アタシは完全にすぐ諦めてしまうだろうと思ってたので、ビックリした。
アタシなら絶対諦める(キリッ

まあそんなワケで今回も運動神経のないわが子、周りの子よりも倍ほど指導され顔がこわばりながらも「水泳面白い!!!ずっと行きたい!!!」といい始めてる。


アタシの父は50代半ばくらいで、とある国家試験に合格した。
何度か落ちての合格で、
その実技試験の練習に立ち会ったアタシは
汗だくになってた父を思い出す。
仕事が終わってから、透析のない日に。
何時間か勤めてたビルの一室を借りて。
人から見たら「あれくらいの試験で?」と滑稽なのかも知れないけど、
努力を続ける父は格好よかった。
アタシも自慢じゃあないが小さい頃に
「手にマメ」を作れなかったほどの努力が出来ない人間だ。
いまだに「努力をする努力」が必要なダメ人間である。

なので、努力し続けた父親は最高に格好よかった。

そんな父に似た努力をするフウも親バカながら最高に格好いい。

これからもその努力を忘れないで、
自分の大好きな事をいっぱいしてほしい。
息子の世界がどんどんどんどん広がっていきますように。
もっともっと遠くへ行っておいで。

生かされた命だ。思う存分楽しんで悲しんで傷ついて喜んで。

精一杯、生きてほしいな・・・・。
| フウライ | 08:21 | comments(3) | - |
| 1/63PAGES | >>